情弱8号車の独り言。

おさななが好きな、情弱JDの8号車ブログ。(※8月末に草村から推し変しました)ハロプロの話もたまに。

「うたうたい」

おはようございます、またはこんにちは、あるいはこんばんは~。

 

べこです。始めたばかりでなんだか更新率高めです。

 

 

昨日発売されました、松尾太陽の1stミニアルバム「うたうたい」

 

これを読まれている皆さんはきっと8号車さんなのでしょうが、買いましたか?

 

 

私は……

 

 

買いました!!!!!!!!

f:id:Neuha:20200903172559p:plain

(部屋の窓側に建物があるので部屋が万年暗く、部屋の照明で撮影)



タワレコさんで購入したのでカレンダーもゲットしました!

 

そして、初回限定盤だったので配信ライブのシリアルコード付きです。

時間的にリアルタイムではおそらく見れないのですが、アーカイブが月末まで公開されるとのことで!

 

めっちゃ楽しみやー(≧▽≦)

 

 

なんかカッコ囲みの顔文字使うと古い感じ出ると思ってるのは私だけ?

 

 

買うかどうか正直迷ってたんですが、SorrowのMV見たり、全曲のティザー映像を見て

 

「あ、これは買おう」

 

と決意。

 

予約はしていなかったので、発売日の11時に歩いていける距離のところにあったタワーレコードさんへ行って購入。

 

 

いや~、よかった。ほんと。

 

 

 

突然の好きな曲発表~。\\ ドンドンパフパフ //

 

好きな曲を絞るのはなかなか難しいのですが、あくまで自分の好みで言えば、

 

曲調が好きなのは「Sorrow」です。

MVが公開されてから、「あ、これは好きだ」と直感で思いました。

MVのきれいな映像とかきれいな太陽のビジュアルも勿論ですが、曲が爽やか。

と、Sorrowを聞きながらこの文章を書いています。

この曲がいわゆるリード曲で本当によかったなと思いました。

バズリズムでの歌唱もすごく良くて、楽しみすぎてリアルタイム視聴するために夜更かししました。

MVのここの太陽好き。↓↓

f:id:Neuha:20200903221733p:plain

「もう1度」の太陽

 

 

スルメ曲だな、と思うのは「Hello」かな。

何回も聞いてるうちにハマりそう。

たまにあるんですよね、こういうの。何回も通して聴いたりシャッフル再生したりしてる内にめちゃくちゃハマってるパターン。

この曲からその雰囲気をひしひしと感じます。

 

 

歌詞が好きなのは、言わずもがな「掌」です。

これはズルいよね。太陽が作詞してるからね。

これは完全に自分の数少ない経験からの偏見なのですが、元々曲を書いた経験が少なかったり、シンガーソングライターでないボーカリストは、真っ直ぐな歌詞書きがち。

今回の「掌」ではそれがすごく良い方向性に働いていると思ってて(何様)。

太陽のあの真っ直ぐな心から出た本音、というか、それがすごく曲とか歌声に表れているからすごく好き。

知らない人が聴くのと知ってる人が聴くのとで聴こえ方が違うと思うし、超特急タカシの歩みを知らない人でストレートな歌詞を「工夫が無く薄っぺらい」と思う人が多分いるわけで、私も他界隈でそういう風に言われている人を見ました。

私本当は歌詞のメッセージ性とか気にせず、聞き心地で曲好きになりがちなタイプで。

というのも、「感動する(共感する)歌詞が好き」と言いがちな現代の若者に対する逆張り発です。ひねくれ者なので逆張りしてる内にそれが性に合うこともあるんですよね~。その内、ほんとにフィーリングで曲を好きになるようになり、良い曲とかバラードを好んで聞かなくなっちゃいました。

好きなバンドの曲の歌詞で「結局音楽はBGM」という歌詞があります。皮肉ですね~。まあ、このバンドは元々皮肉曲ばっかりなんですけどね。

この曲は私の中でも数少ない、歌詞も好きな要因の曲です。歌詞検索かけたら引っかかると思うので気になる方は検索してみてください。

 

 

詰まる所、音楽からBGMという側面は切り離せない要素だと思ってて。コンビニとか飲食店とかで流れてる音楽はBGMという立ち位置であるし、くつろぐためとか、気分を上げるためとかに使われる音楽も、自分の気分を変えるための手段であり、BGMと呼んで差し支えないわけですよ。さっき私もSorrow聞きながら書いてたしね。

でも、曲調とかに思いが乗せられるわけでも無いし。歌詞に自分の思いを詰め込んで、それが知らない誰かに響くためには、歌詞が染みる前に音が耳に残らないといけないっていう。「俺が何か叫んだところでキャッチ―じゃないと誰も聞かない」とか、本当にそうだな、って。

 

 

 

何か主旨からだいぶ逸れて長話してしまいましたが、せっかく良い曲ばかりだから、色んな人に届いてほしいミニアルバムだな、と思ったという話です。

あと、さっきあんなことを言ったけど、太陽くんは、太陽くんにしか書けない詞を書いてほしいから変に言い回しを変えてほしくないし、真っ直ぐだからこそいいみたいなところもあるし。

 

ストレートな歌詞を好まない層って多分一定数いて、私も昔は「真っ直ぐな歌詞なんて薄っぺらくてダメだ派」にあったときもあったのですが笑。流行りの青春ぽい曲への単なる反抗心です。偏見な気もするけど、こういう考えの人たち、昭和の名曲引き合いに出しがち。一個人の意見です。筆者バリバリ平成生まれです。あまりそこらへん詳しくないです。

年を重ねて、「歌詞をちゃんと読もう」って唐突になったときに、「真っ直ぐな方が考えないでスッと入ってくるな」って思ったんですよね。

「真っ直ぐな歌詞否定派」の人って歌詞をちゃんと深く読みたい人なんですよね。曲と真剣に向き合うタイプ。でも、私そうやって深く考えるのとか苦手で、そもそも今の曲の聴き方が多分昔よりライトになってて。そういう時代に生まれ育ってる今の人にとってそういう曲の方がスッと入ってきて心を動かされやすいんじゃないかなって思います。もちろん全員がそうじゃないし、全ての音楽が人の心を必ずしも感動させるためにあるわけじゃないんですけど。

 

 

再度まとめると、太陽の真っ直ぐな歌詞は、太陽らしい歌詞だよ、って話です。

コメント欄を新しい順に見てて少し思うところがあって、つい書いてしまいました。

なんか、ダメですね。流せるようにならないと。大人にならないと。

 

とは思ったんですけど、ああいうコメントをわざわざ書き残すのがやっぱり何か引っかかる!幼稚なやつだと思うならそれで結構!あなたが「アイドルが書いたような曲」と評価したこの曲で心動かされる人もいるんだよ!!その言葉を「別に否定しているわけじゃない」って弁明されたって「アイドルが…」って書いてるってことは少なくとも肯定的ではないだろ!!!

 

まあ、私はその「アイドルが書いてるような」ストレートな歌詞の方が好きなんですけどね。過去好きだった曲を見てもそう。好みは人それぞれだよね。

シンガーソングライターでも無いし、端からプロっぽい歌詞なんて来たらそれはそれで「どうした!?」ってなるしね。

 

誰も読んでないと思って自由に書いてしまっていますが、誰かから苦情やらなんやら来たら多分すぐ消します。小心者なので。

 

 

 

 

今回も相変わらずまとまりのない文章でしたが、ここまで読んでくださった方がいたら、本当にありがとうございます。

 

途中から完全に自論展開ブログになってましたが、あくまで一個人の意見として、流していただいて結構です。

 

太陽の「うたうたい」良い曲ばかりなので本当よろしくです。

 

 

 

 

ただのオタクの戯言をつらつら書いていますので、自分の文章力に自信を無くしたときとか、めちゃくちゃ暇なときとか、読みに来てください。

 

 

 

ではまた。ゆるりと~。